お問合せ・お申込みはこちらへ 願行寺ご案内

住職と願行寺で働く人々の紹介

管長:牛込 覚心

1970年牛次郎のペンネームで、劇画原作者としてデビュー。「包丁人味平」「釘師サブやん」「スーパー食いしん坊」で、一世を風靡。1980年代には、「プラレス3四郎」で人気を博した。その他に、日刊ゲンダイ「やる気まんまん」や、「セーラー服通り」「流れ板七人」などでは、テレビ、映画に原作原案として参加。
1986年臨済宗妙心寺派医王寺で出家得度し、1989年自らの設計により願行寺を建立。牛込覚心として仏教に関する本を多数著作。様々なアイデアでお寺革命を起こし続けている。

住職:覚演

高校在学中より芸能活動を開始し、1997年より大手児童劇団で講師業を開始。以後老若男女を問わず指導にあたり、数々の作品に参加。
現在は、第二世を継ぐべく出家し、日々修行に励んでいる。

副住職:中根 善弘

私は二十年近くに渡り、建築設計の仕事に携わって参りました。 御縁があり、願行寺の素晴しさ、そしてなによりも牛込覚心先生のそのお人柄、才能の素晴らしさ、そのもとで弟子入りさせて頂きました。 この度は副住職の拝命を受け、光栄に思っております。 これからも願行寺及び牛込覚心先生の素晴しさを仏教心とともに、多くの方に伝えて参りたいと思います。合掌